西南学院大学公開講座

福岡市にある西南学院大学の今年度後期公開講座が、
映画・表現と記憶の装置~ドキュメンタリー映画」というタイトルで、9回にわたって制作者や大学教授による講義を通してドキュメタリーに関する様々なアプローチを試みるそうです。

今月9日(金)、監督の山本眸古、『小梅姐さん』を通して見たドキュメンタリー映画と題して語ります。

詳細については以下のアドレスからお入り下さい。
http://www.seinan-gu.ac.jp/syakai/koukai/09eiga.pdf

カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です