カテゴリー別アーカイブ: アトラクション

シネマ5、1回限りのSPレコードコンサート

公開3日目の19日(月)11:00より、その日一日、一回限りのSPレコードコンサート。
小梅姐さん」上映前の10分間、SPレコードの持つ豊かなアナログの世界で、小梅姐さんの唄声による大分の民謡がお楽しみいただけます。

DJは北九州SPレコードを聴く会安部嘉郎さん。曲目は当日のお楽しみ、ということで、手廻しの蓄音器で再生される豊かなそして耳にやさしい音を、姐さんの唄声と共に、ミニ写真展などレトロ感漂う劇場で、どうぞお楽しみ下さい。

カテゴリー: 1.映画館公開, アトラクション | コメントをどうぞ

「小梅姐さん」公開記念!イベント

東京公開まで、余すところ2週間を切りました。
期間中のイベントも、お客様参加型のど自慢大会、「唄うニッポン映画特集」に続き、スペシャルゲストの登場も含め、ますます祝祭的色合いの濃いイベントが具体化してきました。
各回とも13:50~14:15の25分間。どうぞお楽しみ下さい。

11月9日(日)には、演歌ひとすじ47年、「恋は神代の昔から」「出世街道」等々の歌謡界の大御所、畠山みどりさんがゲスト出演、小梅姐さんへの思いを語っていただく予定です。

●翌10日(月)には、筑豊の紙芝居師、我らが事務局長・大西広幸師の、水あめ型抜きを伴う昭和の紙芝居、怒涛の東京口演をご覧頂きます。

16日(日)は、長唄囃子演奏者、篠笛(能管)奏者の四世望月太八さんの実演です。小梅姐さんの思い出話と共に、篠笛の音色をじっくりとご堪能下さい。

22日(日)は、三味線奏者本條秀太郎さんの出演です。本編でも披露されている「小倉節」など、ライブでの演奏をお楽しみいただきます。三味線の魅力いっぱい、必見のイベントです。

23日(日)は、民謡界の将来を担う新星、ゆかりさんのスペシャル民謡ライブをお届けいたします。

続きを読む

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, アトラクション, イベント | コメントをどうぞ

早いものでもう5月

更新を少しさぼれば、もう5月。
あまりに早い時の経過にうろたえ、遅ればせながら4月下旬の『小梅姐さん』の動きを報告しておきましょう。

●4月21日沖縄で慰問上映会/島尻郡与那原町の福祉センターにてご高齢者の皆様を対象に
●4月22日西日本新聞が、コラムで上記上映会のことを紹介
●4月23日同じく沖縄で慰問上映会/那覇市壷川老人福祉センターにてご高齢者の皆様を対象に
●4月26日山本眸古監督講演会「人々の心を唄い続けた人生~赤坂小梅の生き方を語る」於:福岡県福津市の「潮湯の里・夕陽館
●4月28日西日本新聞が、上記講演会を福岡県総合版にて紹介
●4月29日「平成20年度民謡民舞少年少女福岡県大会」(サザンクス筑後)にて上映

カテゴリー: 3.自主上映会, 5.パブリシティ, 5.慰問上映会, アトラクション | コメントをどうぞ

盛況! 嘉穂劇場

嘉穂劇場での上映会の様子が、早速、本日付西日本新聞で紹介されました。

「小梅姐さん」小節のきいた歌声、雄姿… 嘉穂劇場に再び 記録映画上映

幕間には、水あめを頬張りながら「黄金バット」「鞍馬天狗」「四谷怪談」などの紙芝居を、大西広幸師の名調子でお楽しみ頂き、また、嘉穂劇場の伊藤さんによる解説付きのバックステージツアーで、芝居小屋の隅々まで探訪して頂きました。
もちろん升席では、劇場名物のお弁当を広げて歓談されるお客さんも。
ゆったりとした時間が流れました。

続きを読む

カテゴリー: 3.自主上映会, 5.パブリシティ, アトラクション | コメントをどうぞ

大盛況! 直方上映会

朝から冷たい雨が降り注ぐ、花冷えの一日。
しかし、続々と詰め掛けて頂いたお客さんの熱気が吹き飛ばしてくれました。
600人!!!
1回の上映でこれだけのお客さんは最高新記録。

小梅姐さんが在籍していた中泉小学校の子どもたちによる“泉翔太鼓”の勇壮なバチさばき。
直方市内の小学2年生~中学3年生のメンバーによるタップダンスのチーム“TAPPY(タッピー)”の創作ダンス「白蓮」。
そして市内各流派による炭坑節踊り。
しめは、文化連盟会長中村幸代さんの解説によるスライド上映「明治・大正・昭和の直方」。
場内は、否が応でも盛り上がります。

そして、いよいよ『小梅姐さん』の上映です。
これだけのお客さんの数になると、姐さんの唄に唱和して口ずさむ唄声、どよめきや笑い声が渦になって場内を包みます。映画が、スクリーンを介してお客さんと一体化、映画にとっての至福の時間が流れました。最後は大きな拍手に包まれ、この映画の展望を熱く予兆させる上映会となりました。

主催して頂いた直方文化連盟の皆様にとにかく感謝したいと思います。
そして文連の皆様からもこの上映会を主催してほんとうによかったと感謝の言葉を頂きました。双方に好結果をもたらす、素敵なイベントとなりました。
直方文化連盟の皆様、関係者の皆様、どうもお疲れ様でした。そしてどうもありがとうございました。

カテゴリー: 3.自主上映会, アトラクション | コメントをどうぞ

春のSPレコードを聴く会

当欄お馴染みの北九州SPレコードを聴く会の安部嘉郎さんが、明後17日(月)PM6:30から西日本工業倶楽部(旧松本邸)にて「春のSPレコードを聴く会」を開催されます。
プログラムの中には「赤坂小梅の世界~唄に生き、芸に生き、生涯現役~」として、小梅姐さんの1.ほんとにそうなら 2.バナナ音頭 3.そろばん踊り 4.ふぐ踊りの4曲程を紹介して頂くそうです。
なお安部さんより「3月22日の放送記念日にあわせ戦後のラジオ歌謡も聴いてもらいます。この日はNHK北九州放送局が中継で松本邸と聴く会の模様をお伝えします。放送時間はおそらくPM6:25ぐらいから始まると思います。お時間が取れる方はぜひご覧下さい。」とのメッセージを頂いています。

カテゴリー: アトラクション, イベント | コメントをどうぞ

北九州上映会と寄せられた感想

北九州上映会が終わりました。
この1週間、みぞれまじりの冷たい雨や雪が降り、紫川河口の海に直面した会場には横殴りの風雨が吹きつけるという、ご高齢者にはいささか厳しい天候に見舞われ、本当に申し訳ない日々でした。

特に初日の3日(月)~7日(金)は、もともと関係者への試写という意味合いを含めての夜だけの上映だったのですが、それでも悪天候は如何ともしがたく、厳しい興行となりました。
特に、上映前のアトラクションとして場を担って頂いた安部嘉郎さんによるSPレコードコンサート、日本民謡協会九州北部連合委員会の植野咸萃さん、前田基貴さん、山本さんたちによる民謡の実演は素晴らしく、文字通りウタとの一期一会、立ち会えたお客さんの至福をこそ喜ぶことに致しましょう。

そして、本番と位置付けた8日のみ少し天気は持ち直したものの、9日は再び崩れ、それでも最終的には450人のお客様に来場して頂きました。
8日の実演はお馴染み瓢千代さん。年輪を感じさせる見事な三味線の爪弾きで、様々な小唄を披露して頂き4回のステージをお元気に務められました。9日楽日は東ツヤ子さん、川野ナオ子さん、松本龍風さん、陣山鈴子さん、加治登志子さんによる小梅姐さんの唄った九州民謡全14曲。場内から手拍子も沸き起こり、豊かな時間が流れました。皆さん、どうもありがとうございました。
そして、ご来場者の皆様、様々な形でサポートして頂いた皆様、どうもありがとうございました。

今回もまた、多くの皆様がアンケートに感想を寄せて頂きました。お一人お一人の観賞直後の声、それぞれの人生を生きておられる、“庶民”と呼ぶに相応しい皆さんのストレートな思い。さらに内容は無論のこと、こうして一生懸命したためて頂いているということに、つい胸を熱くしてしまいます。

<アンケートより>

続きを読む

カテゴリー: 3.自主上映会, 6.映画の感想, アトラクション | コメントをどうぞ

JR西小倉駅でミニ写真展開催!

JR九州様のご協力で、西小倉駅構内、改札の真正面!というベストポジションに、小梅姐さんや本作にまつわる写真の展示コーナーを設けて頂きました。

3月1日(土)~9日(日)までの9日間。

日豊線、日田彦山線、鹿児島本線をご利用の方は、ぜひご覧下さい!
また、平成筑豊鉄道の田川後藤寺駅でも展示を予定して頂いています。
3日から始まる北九州上映会小倉会場のスミックスホールエスタは、西小倉駅から徒歩5分。
春うらら、映画はJRに乗って、どうぞご来場下さい。

そして、JR九州様、JR西小倉駅様、田川後藤寺駅様、ご支援どうもありがとうございます。

カテゴリー: アトラクション, イベント | コメントをどうぞ

北九州上映会のアトラクションの部、出演者が決定!

北九州上映だけのスペシャルラインナップです。
さあ、お楽しみはこれからだ!

3日(月)
この上映会ではすでにお馴染みの、「北九州SPレコードを聴く会」を主宰する安部嘉郎さんのDJによるSPレコードコンサート。もちろん小梅さんの唄声と、蓄音器の持つアナログの世界の豊かな時空間がお楽しみ頂けると思います。

4日(火)5日(水)6日(木)7日(金)
「正調博多節」「博多節」「筑前田植え唄」などの全国大会優勝という輝かしい実績を誇り、現在は「小倉節」の普及に努める東ツヤ子さん。
「男なら」「相撲甚句」(北九州篇)などを唄う、「小倉節」全国大会の仕掛け人、前田基貴さん。
伴奏に尺八の植野咸萃(かんすい)さんなどが出演予定。

8日(土)
3月には92歳。映画にも登場して頂いた大正6年生まれの元芸妓で、現役の小唄の師匠、瓢(ひさご)千代さん。12月の試写会では、小さい身体ながら圧倒的な存在感を見せて聴衆を魅了、その余勢を駆って再登場をお願いしています。1日4回!。小唄の魅力を届けてくれます。瓢千代オンステージです。

9日(日)
楽日は一段と華やかに、お二人の三味線を伴って「球磨の六調子」「おてもやん」「そろばん踊り」や、松本龍風さんの尺八伴奏で「刈干し切り唄」などを東ツヤ子さん。さらに東さんの三味線伴奏で「長崎ぶらぶら節」「のんのこ節」などを川野ナオ子さん。お二人で小梅民謡の、特に九州の唄の数々を披露して頂きます。(1ステージ3曲、他に「梅干し」「こつこつ節」「長崎浜節」「博多節」など)

カテゴリー: 3.自主上映会, アトラクション, イベント | 1件のコメント

直方上映会!

福岡県直方市。
ここは、小梅姐さんが小学2年生の頃に1年間ほど住んでいたところ。
その小梅姐さんが在籍した中泉小学校の生徒諸君による太鼓チーム“泉翔太鼓”の演奏など、地元の人たちによってオープニングが飾られます。ロビーでは写真展も併設、この日、ユメニティのおがたは、「小梅姐さん」に染まります。

日時:3月30日(日) 開場:12時30分 開演:1時30分
会場:ユメニティのおがた大ホール(直方市山部364-4 電話0949-25-1007)
前売り券発売中!800円(当日1000円)中高生200円、小学生以下無料
問合せ先:0949-26-2697(直方文化連盟事務局)

直方文化連盟のホームページ

カテゴリー: 3.自主上映会, アトラクション | コメントをどうぞ

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2007 招待作品に決定

小梅姐さんが「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2007」の招待作品に決定しました。
日時・会場は
  9月21日(金)13時15分より 大丸・エルガーラホール

なお、当日は本編上映前に、田川の青年男女で組織されたCDR21による群舞炭坑節と、<北九州SPレコードを聴く会>を主宰されている安部嘉郎さんのDJで、「SP盤で聴く小梅姐さんの世界」と題したレコードコンサートも予定しています。もちろん山本眸古監督も挨拶に駆けつけます。なかなか機会の無い催しでもありますので、多くの皆様のご来場をお待ちしています。

「SP盤で聴く小梅姐さんの世界」
紹介曲目
①「ほんとにそうなら」(S.8年発売前にレコード店に配布されたデモ盤です)
②「小倉節」(小梅が拘って一部歌詞を変えたコロムビア盤です)
③「黒田節」(戦後にレコーディングされたものです)
④「炭坑節」(S.23年にレコーディングされたもので、元唄に近いものだそうです)
※めったに耳にすることの無い珍しい音源です。蓄音器で再生される豊かな、そして耳にやさしい音をお楽しみ下さい。

カテゴリー: 4.評価, 6.試写会・映画祭, アトラクション | コメントをどうぞ

アトラクション画像(田川市会場)

群舞炭坑節を踊る樋口さん親子
CIMG0879-1.jpg

息子さんは元ダンサーだけあって身も軽い
CIMG0880.jpg

司会に踊りに大活躍の樋口秀隆さん
7月6日11:30より NHK放送「ぐるっと8県九州沖縄」にて元気の良い福岡代表として出演します。
CIMG0888.jpg

舞台挨拶をする中村委員長
CIMG0891.jpg

舞台挨拶をする山本監督
CIMG0894.jpg

CDR-21による創作炭坑節
パラパラ炭坑節は2001年に中村成也君が初めて創作しました。以後数多くのバージョンが生まれています。
CIMG0898.jpg

続きを読む

カテゴリー: アトラクション | コメントをどうぞ

アトラクション画像(福智町会場)

CIMG0870.jpg
「かっぽれ」を踊る永田信代さん

カテゴリー: アトラクション | 2件のコメント