カテゴリー別アーカイブ: 関連催事など

「小梅姐さん」近況報告


この夏から先ごろまで、少しばかり間を置いていたら姐さんはしっかり動いていました。
遅ればせながらご報告いたします。

地元福岡の西日本新聞に、3回にわたって姐さんのことが報じられました。

西日本新聞8月17日ウェブ版
九州近代歌謡遺聞~九州にゆかりの作詞家、作曲家の足跡を追う
民謡編<256>筑豊の山に向かって
2015年08月17日 16時00分

 福岡県・田川出身の芸者歌手、赤坂小梅は1951年にスタートしたNHKの紅白歌合戦には初回から出場している。このときに歌った曲は「三池炭坑節」だった。

 〈月が出た出た 月が出た ヨイヨイ 三池炭坑の上に出た〉

 小梅は紅白歌合戦には4回出場し、曲はすべて九州の民謡である。小梅は地域共同体だけの民謡をメディアに乗せることで全国的に流行させた九州を代表する民謡歌手だった。

以下、続きはこちらで。
http://www.nishinippon.co.jp/feature/kayouibun/article/189156


西日本新聞8月24日ウェブ版
九州近代歌謡遺聞~九州にゆかりの作詞家、作曲家の足跡を追う
民謡編<257>運命を決めた座敷
2015年08月24日16時45分 (更新 08月24日 16時59分)

 16歳で北九州・小倉の芸者になった赤坂小梅に大きな転機が訪れるのは1929(昭和4)年のことだ。童謡、流行歌の作詞家の野口雨情や作曲家の中山晋平、藤井清水たちが地元に招待されて料亭「つだくら」で遊んだ。この座敷に姿を見せたのが小梅である。

 小梅は自伝『女の花道』の中で「小倉の花柳界で最も美声の芸者ということで私は呼ばれた」と語っている。

 異説がある。小梅は間違ってその座敷に入った。帰ろうとすると野口たちから「せっかくだから1曲歌ってごらん」と請われた-という説である。

 さらに「狙って入ったのではないか」と推測するのはドキュメンタリー映画『小梅姐さん』(2007年)を監督した山本眸古(ひこ)だ。当時、著名人である野口たちの小倉来訪は地元花柳界に知れ渡っていたはずだ。小梅は偶然ではなく自分をアピールするための確信犯として座敷に乗り込んだ。説はどうあれ、野口たちは絶賛した。

 「いい声だ。たんなる美声じゃない。腹から出る声だ」

 「こりゃア、ヒョッとすると、ヒョッとするね」

 特に藤井は「一世一代、はじめてさがしあてた歌手だ」と惚(ほ)れ込んだ。藤井の推薦によって大阪ビクターの録音所でレコードを初めて吹き込んだ。それが新民謡「小倉節」(作詞・野口雨情、作曲・藤井清水)などである。

 〈小倉西へ行きゃ 筑前博多 思い出したら ソコヤートサ 又(また)おいで〉

以下、続きはこちらで。
http://www.nishinippon.co.jp/feature/kayouibun/article/190684


西日本新聞8月31日ウェブ版
九州近代歌謡遺聞~九州にゆかりの作詞家、作曲家の足跡を追う
民謡編<258>郷土の歌を全国区に
2015年08月31日 16時34分

 民謡歌手、赤坂小梅の生涯を追ったドキュメンタリー映画『小梅姐さん』(2007年、山本眸古(ひこ)監督)は小梅の生誕100年を記念して制作された。

 小梅は福岡県田川郡川崎町の出身で、1992年に85歳で死去した。映画は同町の有志が郷土の国民的歌手だった小梅の業績をたたえるために企画した。地元の福岡在住で女性ということもあり、山本監督が制作依頼を受けた。当時、山本は「ドキュメンタリーを撮りたい」とテレビ制作会社を辞め、フリーで働いていた。

 「小梅さんのことはよく知らなかったが、調べるほどに魅力的な存在になっていきました」

 映画は1年余をかけ、小梅の生前を知る周辺の人々にマイクを向けていく。生い立ちから晩年までをまとめた約80分の映像から小梅の人生が浮かび上がる。山本は小梅について「豪快できっぷがよく、歌の上手な人」と語る。その性格は川筋気質である。歌謡史の中の小梅の位置については「歌謡界に民謡というジャンルを定着させた」と言う。

以下、続きはこちらで。
http://www.nishinippon.co.jp/feature/kayouibun/article/192207


思い返せば、西日本新聞さんにはずいぶんお世話になりました。
特に1981年5月16日から27回にわたって連載されていた「聞き書きシリーズ 玄界灘に向かって/赤坂小梅」(小田切記者)という記事の存在が制作の基点になりました。残念ながら小田切記者はすでに鬼籍に入られており、取材の際の姐さんの様子などは聞けませんでしたが、奥様がご健在でいろいろとご支援を賜りました。すでに懐かしい思い出になりました。


10月1日(木)には、中間市中央公民館の講堂で「平成27年度高齢者講座きらめき大学」という事業が、60歳以上の男女約百数十名のご参加で、『小梅姐さん』の上映と増永Pによる講演という形で行われました。

制作当時、R60指定映画などと冗談めかして紹介したりしていましたが少なくともあれから8年、一抹の不安を抱えての現場でしたが、そうした杞憂は吹き飛ぶほどの喝采を頂くことになりました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 3.自主上映会, 4.評価, 5.パブリシティ, お知らせ, イベント | コメントをどうぞ

謹賀新年


明けましておめでとうございます。
低気圧の発達で大荒れの予報通りなのか、昨年とは違って北九州の元日は、耳をつんざくような凄まじい未明の雷鳴に始まり、日中は時折りくっきりとした青空が広がり陽は差すものの、夜のうちにうっすらと降り積もっていた家並みの雪を溶かすまでもなく寒風にさらに雪が舞う冷たい一日でした。

小梅姐さん』も完成から今年ですでに8年目に入りました。
昨年は、本條秀太郎さんの「小倉で『小倉節』を!」との思いが結実した「本條秀太郎の会特別公演~『小倉節』によせて」を、ご当地北九州市小倉で開催、この映画が契機となって具体化した私たちにとっては大きな催事でした。

そして、この公演が弾みをつけてくれたかのように、NHK総合テレビが「民謡魂 ふるさとの唄」という番組を北九州市で公開収録し全国放送、姐さんと『小倉節』を大きく取り上げてくれました。なおこの番組はその後、海外在住の日本人や旅行者向けのチャンネルNHKワールドプレミアムでも放送されました。

それが要因かどうかわかりませんが、最近(昨年10月以降)では、ロシア、ドイツ、チェコ、アメリカ、カナダ、ブラジル、インド、インドネシア、シンポール、バングラディッシュ、中国、台湾、韓国(順不同)など海外各地からもアクセス頂くようになりました。相変わらず多く訪れて頂いている国内の方々共々、更新の頻度が鈍くなってしまい申し訳なく思ってはいるのですが、時の経過は薄っぺらな記事ではあってもそれなりに集積、結果としてアーカイブ化され、そうした過去の記事が読まれたりもしているようです。”時間”の重さやその痛み、切なさのようなものを感じてしまいます。

今年は、今のところ大きな予定も新たな動きもなく、そうそう期待もできない現状でますます更新の頻度は鈍ってしまうかもしれませんが、もちろん本サイトは維持し続けます。
映画『小梅姐さん』と赤坂小梅、そして当サイトへのご愛顧を、引き続き今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


 

カテゴリー: 5.パブリシティ, お知らせ, イベント, 小倉節の会 | コメントをどうぞ

シネマ5、1回限りのSPレコードコンサート

公開3日目の19日(月)11:00より、その日一日、一回限りのSPレコードコンサート。
小梅姐さん」上映前の10分間、SPレコードの持つ豊かなアナログの世界で、小梅姐さんの唄声による大分の民謡がお楽しみいただけます。

DJは北九州SPレコードを聴く会安部嘉郎さん。曲目は当日のお楽しみ、ということで、手廻しの蓄音器で再生される豊かなそして耳にやさしい音を、姐さんの唄声と共に、ミニ写真展などレトロ感漂う劇場で、どうぞお楽しみ下さい。

カテゴリー: 1.映画館公開, アトラクション | コメントをどうぞ

DVD完成祝賀会 in 東京

DVD用のパッケージと封入するリーフレットのデザインもあがり、先週末印刷に回す事ができました。
これで、来月初旬の完成になんとか目処がたち、ほんの少しホッとしているところです。

というのは、今や遅しと心待ちにされているご予約を頂いた皆様に対して、少し遅れることにはなりましたが、とにかくお届けできるという、そういうお返事ができるというところにこぎつけたことです。

そしてもう一つ。
実は、完成祝賀会が来月10日(火)に予定されています。
この日にとにかく間に合わせることができた、という安堵感です。

昨秋、東京での劇場公開にあたり様々な形で応援して頂いた福岡県立田川高校 および旧制田川中学の、関東地区在住者の同窓会、東京岳陽会の有志の方々によってこの完成祝賀会が企画されました。
再びのこの篤いご支援に対して、もはや製品のない完成祝賀会など許されるものではありません。

もちろん完成したDVDを目の当たりにするまで、中身を確認するまで、ひと時の安心も許されるものではありませんが、ひとまず作業を終えた私たちの手を離れ、完成品として届けられるのを待つだけの状態となれたことに、ほんの少しだけホッとしているところです。

さて、その祝賀会のご案内です。

開催日時:2009年11月10日(火曜日)19:00より
開催場所: zio
       新宿区神楽坂311本橋ビル1階
       電話03-3267-1995

会 費:   5千円
お問合せ:090-5495-2580(川井田)

※開催場所のzioとは、とっても素適なイタリアンレストラン
神楽坂という場所柄、例えば箱屋を従えた芸者衆が通り過ぎていく・・・。路地に面したオープンテラスからは、フッとそんな幻視に襲われても不思議ではない、粋な空間を持つお店です。
オーナーが東京岳陽会のメンバーで、すっかりお世話になっています。

現在、証言者の皆様をはじめ製作にご協力頂いた方々のゲスト参加を呼びかけているところです。なお、当委員会からは川井田Pが委員会を代表して参加、ホスト役に徹してもらうことになっています。

カテゴリー: 2.DVD情報, イベント | コメントをどうぞ

西南学院大学公開講座

福岡市にある西南学院大学の今年度後期公開講座が、
映画・表現と記憶の装置~ドキュメンタリー映画」というタイトルで、9回にわたって制作者や大学教授による講義を通してドキュメタリーに関する様々なアプローチを試みるそうです。

今月9日(金)、監督の山本眸古、『小梅姐さん』を通して見たドキュメンタリー映画と題して語ります。

詳細については以下のアドレスからお入り下さい。
http://www.seinan-gu.ac.jp/syakai/koukai/09eiga.pdf

カテゴリー: イベント | コメントをどうぞ

福岡県大阪事務所!

大阪、第七藝術劇場での公開まで3週間と迫った先週20日(金)、21日(土)の2日間、福岡県大阪事務所の皆さんが『小梅姐さん』のチラシを配ってくれました。

場所は、たくさんの人で賑わう神戸三宮「さんちか」夢広場
ここに観光コーナーを設置してパンフレットや試供品を配布し、九州各県の観光PRを行うというものです。

福岡県のコーナー。『小梅姐さん』のチラシが貼られています。

このキャンペーンの一角に、福岡県事務所の皆様のご好意で『小梅姐さん』も加えて頂きました。
福岡をアピールするものの一つとして選んで頂いたという次第です。こうした応援は何にもましてありがたいことです。
チラシを手にした方のお一人でも、第七藝術劇場に足を運んでくれたら嬉しいし、多くのお客様に観て頂く事で、さらに福岡をアピールすることにもなると思います。

ちなみに催しは、在阪九州各県協議会(九州8県の各県大阪事務所)の主催による観光展で、この2日間が、福岡、佐賀、長崎、大分の4県、22~23日が、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の4県という組み合わせで大変盛況だったそうです。

福岡県大阪事務所の皆様!どうもありがとうございました。

カテゴリー: 1.映画館公開, イベント | コメントをどうぞ

公開記念イベント! いよいよクライマックスへ!

これまで、畠山みどりさんの唄とトークショー、筑豊の紙芝居師大西広幸師のレトロ感覚溢れる紙芝居、そして、篠笛奏者四世望月太八さんによる演奏等を開催し、大好評を得てきたこの公開記念イベント。いよいよクライマックスです。

22日(土)は、名実共に日本を代表する三味線奏者、本條秀太郎さんの登場です。
22日(土)  12:30の回の上映終了後20分間
※本作でも披露されている「小倉節」など、三味線の第一人者本條秀太郎さんの演奏をお楽しみいただきます。三味線の魅力いっぱい、必見のイベントです。

また、23日は、民謡界の将来を嘱望される大型新人歌手、ゆかりさんのスペシャル民謡ライブをお届けいたします。
23日(日)  12:30の回の上映終了後20分間
※「しげさ節全国大会」「日本民謡ヤングフェスティバル2001全国大会」「コロムビア民謡コンクール(青年の部)」など、数多くの優勝をおさめている実力派であり、テレビ・ラジオでも活躍中の昭和61年生まれ、隠岐の島出身のゆかりさん。持ち前のさわやかな唄声、キュートな大型新人の民謡ライブをお楽しみ下さい。

※なお22日,23日ともに、先着10名様限定で北九州市首都圏本部様ご提供のオリジナル風呂敷をプレゼントいたします。

続きを読む

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ

望月太八さんのライブ

16日に行われた望月太八さんのライブの報告が届きました。

・・・・・
雨という悪天候にも関わらず7~80人の方々にお越し頂きました。
映画上映前。
わざわざ目立たないようにと、一番後ろの席をお取りしたにも関わらず、自ら客席を回り気さくに声を掛けて回る望月さん。その腰の低さには「先生」という気取り、おごりは全く感じられません。

上映開始からしばらくして、次の段取りも大体目途がついたので、ふらっと場内へ。
なんと、ちょうど望月さんの証言の場面でした。
コメントがコメントなだけに、劇場内には笑いが渦巻きとても心地良い雰囲気に。
そして笑いの後には、一転して菅原都々子さんの証言から始まる戦争の場面へ。
戦地への慰問を通じて小梅さんの中で民謡が特別なものになっていく・・・
やっぱり好きですね、ここ辺りの流れ。
皆さんがウンウンと頷いている姿を見て、改めて今この瞬間を共有しているという実感が湧きました。

続きを読む

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ

16日(日)は、篠笛奏者の四世望月太八さん

16日(日)の「小梅姐さん公開記念イベントは、長唄囃子演奏者、篠笛(能管)奏者四世望月太八さんの出演です。
当日は、本條秀太郎さん作曲の作品などを演奏して頂く予定です。
篠竹から作られた篠笛の音色。そこには、獅子舞や故郷のお祭りなどで耳にした、あの懐かしい横笛の音色が、耳に優しい、そして心地良い響きを聴く者に届けてくれるでしょう。
その第一人者による演奏です。
ご出演の時間は13:50~14:15の25分間
12:30の回にご入場されたお客様が、ご覧頂けることになります。
小梅姐さんの思い出話と共に、篠笛の音色をじっくりとご堪能下さい。

ところで望月さんは、本作にも証言者のお一人としてご出演、“おばさん”と親しみを込めて姐さんのことを呼び、お年玉をたくさんもらったこと、大人たちも貰いにやってきてたということを、ユーモアを交えて語ってくれています。

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ

ミニ写真展=ポレポレ東中野

本作の東京公開を記念して、小梅姐さんや本作に使用した写真、撮影スナップ、
また筑豊のシンボル香春岳や在りし日の炭鉱の風景など、
昭和の香り芬々のミニ写真展を、上映期間中、劇場にて開催します。

一見の価値ありの写真の数々もどうぞお楽しみ下さい。

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ

イベントの変更をお知らせ致します。

公開記念イベントに出演予定の、民謡界の新星ゆかりさんは23日(日)に変更になりました。どうぞご期待下さい。

イベント・スケジュール 各回とも13:50~14:15

11月8日(土) 山本眸古監督、ほかスタッフ舞台挨拶
    9日(日) 畠山みどりさん
   10日(月) 紙芝居師大西広幸師
   15日(土) 未定
   16日(日) 長唄囃子演奏者、篠笛(能管)奏者四世望月太八さん
   17日(月) のど自慢大会
   21日(金) のど自慢大会
   22日(土) 三味線奏者本條秀太郎さん
   23日(日) 民謡界の新星ゆかりさん
   24日(月) のど自慢大会
   28日(金) のど自慢大会

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ

「小梅姐さん」公開記念!イベント

東京公開まで、余すところ2週間を切りました。
期間中のイベントも、お客様参加型のど自慢大会、「唄うニッポン映画特集」に続き、スペシャルゲストの登場も含め、ますます祝祭的色合いの濃いイベントが具体化してきました。
各回とも13:50~14:15の25分間。どうぞお楽しみ下さい。

11月9日(日)には、演歌ひとすじ47年、「恋は神代の昔から」「出世街道」等々の歌謡界の大御所、畠山みどりさんがゲスト出演、小梅姐さんへの思いを語っていただく予定です。

●翌10日(月)には、筑豊の紙芝居師、我らが事務局長・大西広幸師の、水あめ型抜きを伴う昭和の紙芝居、怒涛の東京口演をご覧頂きます。

16日(日)は、長唄囃子演奏者、篠笛(能管)奏者の四世望月太八さんの実演です。小梅姐さんの思い出話と共に、篠笛の音色をじっくりとご堪能下さい。

22日(日)は、三味線奏者本條秀太郎さんの出演です。本編でも披露されている「小倉節」など、ライブでの演奏をお楽しみいただきます。三味線の魅力いっぱい、必見のイベントです。

23日(日)は、民謡界の将来を担う新星、ゆかりさんのスペシャル民謡ライブをお届けいたします。

続きを読む

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, アトラクション, イベント | コメントをどうぞ

唄うニッポン映画特集~「小梅姐さん」公開記念

さて、「小梅姐さん」東京公開記念イベント、先のお客様参加型のど自慢大会に続いて、第2弾が発表されました。
ポレポレ東中野様の、これは自家薬籠中のイベント「唄うニッポン映画特集」!(以下、ポレポレ東中野様のチラシより)

「今回、ポレポレ東中野では映画『小梅姐さん』上映を記念して、唄をテーマにした映画の中から優れた邦画作品によるプログラム『唄うニッポン映画特集』を開催します。

赤坂小梅が活躍していた頃、大衆が唄に託す思いは、現代のものと比べ、より強かったように思います。消費されていく商品としての流行歌と違い、当時、唄は日常をひたむきに生きる人々を勇気付けていく娯楽として、大衆の間で広く親しまれたものでした。

それは時代の風俗を切り取る映画にとっても恰好のテーマであり、事実、数多くの映画の中で音楽がいろんな役割を果たしてきました。
今回の特集では、歌謡曲以前の、特に大衆の側に深く寄り添った唄をテーマにした映画を上映します。そこには現在の映画とはまた違った響きで見るものの心を捉える豊潤な瞬間があることでしょう。

続きを読む

カテゴリー: 4.ポレポレ東中野, イベント | コメントをどうぞ