カテゴリー別アーカイブ: 完成後の姐さんのエピソードなど

コロムビア歌謡大会 4月18日 於:労働会館

昨年の初秋、管理人の元に一枚の写真が届きました。
コロムビア歌謡大会 4月18日 於:労働会館」と裏書きされた、姐さんの写った写真です。
提供して頂いたのは、北九州市の八幡東区にある「ガーベラ」というスナックのママさん。
写真中央和服姿の姐さんと小唄勝太郎さんはわかるけど、横に居並ぶ出演者らしき方たちもきっと名のある方たちのはず、わかりませんか?との依頼も添えて。



労働会館とは、福岡県旧八幡市(現北九州市八幡東区)に、1952(昭和27)年3月1日に竣工し1982(昭和57)年に新労働会館建設に伴い取り壊されてしまった八幡製鐵労働会館のこと。

そこで時期ですが、勝太郎さんの死が1974(昭和49)年6月。そしていわゆる”懐メロ”ブームが昭和40年代。会のタイトルからして”懐メロ”をモチーフにしたものではないようですし、昭和40年には姐さん、59歳。とても見えません。というわけで開館の‘52(昭和27)年から昭和30年代末までの間でしょう。

なお‘53(昭和28)年の4月18日、姐さんは関西でのお仕事ですし、’56(昭和31)年は、たまたま入手した労働会館の利用状況によると、18~19日の二日間は映画の上映会(「奥様は大学生」「まらそん侍」の2本立て)が開かれています。したがって無し。

こんなふうに日程まで明確な情報はこれ以上ありませんが、前後の動向から少し可能性を推理してみると…。

‘54(昭和29)年3月30日、姐さんを歌手への道へと誘う決定的な影響を与えた、母親代りで姉母と慕った次姉のしげのさんが66歳で死去、川崎町で葬儀が営まれています。
笑顔に囲まれた写真中央で一人表情を崩さずカメラに納まる姐さんの姿に、そんな背景の物語りを読んでみたい誘惑にかられます。

‘57(昭和32)年5月20日には、八幡製鉄所慰安会に招かれ、八幡中央町の料亭「初音」での、昭和5年に挙行された安川第五郎を送る会の思い出を語る会にも出席。「北九州小唄」を披露しています。

‘60(昭和35)年3月には、小倉市制60周年記念小倉大博覧会に出演。4月15日には「新八幡音頭」阿南哲郎作詞、若山彰とデュエット)をリリースしています。

この間のこの時期については、今のところこれぐらいの情報しか持ち合わせていませんが、姐さんは、仕事のあるなしにかかわらずほぼ毎年帰省されていたようなので、’53年と’56年以外はすべて可能性を否定はできません。要は、この時代に活躍されたであろう出演者の、そのお名前だけでも分かれば、ということなのです。

もう少し付記します。
裏書の「コロムビア歌謡大会」が、写真左上にある看板の文字から歌謡祭であったとしても、勝太郎さんがコロムビアに在籍したのは‘46(昭和21)年から’48(昭和23)年の2年間。つまり労働会館建設以前です。とすればゲストだったのでしょうか。それとも、他の出演者の方も含めてコロムビア所属には特にこだわりのないショーだったのでしょうか。

ご存知の方、ご一報頂ければ幸いです。


カテゴリー: お知らせ, 完成後の姐さんのエピソードなど, 赤坂小梅って?? | 3件のコメント

年忘れ!夢の紅白歌合戦

NHKラジオ第一放送26日(土)年忘れ!夢の紅白歌合戦という、過去59回にわたって繰り広げられた紅白歌合戦の、“時代を超えた夢の対決”というラジオならではの番組が3時間半にわたって放送されました。

姐さんは第4回出場時の“おてもやん”で登場。対する白組は氷川きよしさん。昨年出場した際の“きよしのズンドコ節”で先行。まさしく“時代を超えた夢の対決”という趣きで、当代きっての売れっ子演歌歌手である氷川きよしさんとの組み合わせは、歌謡界における姐さんの位置を示すのに充分という放送でした。

唄うことが楽しいという小梅姐さんの言葉もございます”、という男性アナの紹介がありました。
映画が完成した後、宣材(ポスター、チラシ)やパンフレットの制作に入るのですが、その際、姐さんを体現する言葉が、それも姐さん自身が発した言葉が欲しいと思い、再度資料や証言をあたりました。その中で見つけたのがこの言葉で、それはラジオのインタビューの中にありました。パンフレットの表紙見返しに大きく扱い、チラシには裏面の左肩、タイトルの横に配しました。

百歳まで生きて唄おう、
百歳以上になっても
唄っていたい、
その意気でなければ
ダメなんですよね。
唄えなきゃ
何にもなりゃしない。
唄うことが
楽しいんですもの。
       赤坂小梅

この言葉は、インタビューでは問いに対する答えというふうに流れの中で語られていました。こんなふうに姐さんの思いを託す言葉として記録することで、まさしく小梅の言葉として命を持ち始めています。この映画製作のささやかな副産物なのかもしれません。

カテゴリー: 5.パブリシティ, 完成後の姐さんのエピソードなど | コメントをどうぞ

小倉時代の小梅姐さん

この夏、小倉時代の姐さんと一緒に踊りを習っていたという人が、今もご健在で大分県にいっらしゃるという情報が寄せられました。過日、私たちはこの情報をもたらして頂いたFさんのご案内で、お話を伺いに出向きました。

宗カズエさん。1916(大正5)年1月15日生まれ
姐さんより10歳年下です。

旧小倉駅前(移転前の駅舎は現西小倉駅の東200メートル付近)にあった「富士屋食堂」の娘で、6歳下の妹、君子さんと、旧小倉市大門(だいもん)の路面電車電停前にあった“浅野舞踊団”で踊りを習っていたそうです。

姐さんの自伝「女の花道」によると、この浅野舞踊団こそが、藤井清水、野口雨情らに小倉花柳界一の美声として小梅を引き合わせ、その後の彼女の活躍の契機を作ることになるのですが、そこには芸妓たちだけではなく、宗さん姉妹のような一般の婦女子も習いに行っていたようです。

続きを読む

カテゴリー: 2.DVD情報, 完成後の姐さんのエピソードなど | コメントをどうぞ

新宮町上映会

30日(土)、福岡県糟屋郡新宮町のそぴあしんぐうで行われた上映会は、決定からわずか一月足らずの準備期間という条件にも関わらず、300人のお客様にご来場いただきました。
主催してくれたHさんの持ち前の行動力、ドライヴ感というかそのスピード、そして何より人徳で、このマイナーの極みともいうべき本作を、ここまで立ち上げてくれました。

また、そぴあしんぐうを運営する財団法人新宮町文化振興財団の、松尾理事長をはじめとする職員スタッフの力強いご支援とご協力がありました。上映環境もほんとにいい形で作り上げて頂きました。
新宮町文化協会や監督山本眸古の出身校である福岡県立新宮高校同窓会の応援がありました。

直接、間接お客様からの声も寄せられました。

・小梅姐さんの唄の度に拍手しようと手が反応していて、最後は私から拍手しようとしたら周りから拍手が起こった。
・気がついたら拍手していた、という感じ。すごく自然に。
・上映後拍手なんて聞いた事もした事もありませんでした。本物は凄いですね。
・夜勤明けにも関わらず、すっかりハマって見ちゃいました。大好きだった患者のおばーちゃんとだぶって、、、おてもやんと炭鉱節が得意なカッコイイおばーちゃんがいたのでした。民謡が心地良く、私もおばちゃんになったのねと感じました。母たちも喜んでました。心のリフレッシュができ、ありがとうございました。
・・・・

諸条件からすれば大成功といっていい上映会となりました。
これで、シネテリエ天神での公開に少しは弾みがつきそうです。

また、戦時中実際に姐さんの慰問を受けたという方が、「懐かしくて」と来場されました。
陸軍航空総軍直轄第52航空師団(師団長:山中繁茂中将)所沢航空教育隊(隊長:毛利敬四郎中佐)所属の少年航空兵。

続きを読む

カテゴリー: 3.自主上映会, 6.映画の感想, 完成後の姐さんのエピソードなど | コメントをどうぞ

30日(日)直方上映会

桜の見頃となりました。
そして、直方では『小梅姐さん』満開です。

日時:3月30日(日) 開場:12時30分 開演:1時30分
会場:ユメニティのおがた大ホール(直方市山部364-4 電話0949-25-1007)
前売り券発売中!800円(当日1000円)中高生200円、小学生以下無料
問合せ先:0949-26-2697(直方文化連盟事務局)
直方文化連盟のホームページ

さて、直方市と小梅姐さんの関わり、古い新聞記事からご紹介しましょう。

続きを読む

カテゴリー: 3.自主上映会, 完成後の姐さんのエピソードなど | コメントをどうぞ